東洋医学と心の健康を考える

健康管理と日常生活での違和感

健康管理では日常生活での変化も、体のサインということで注意すべきことがあります。例えば入浴関係では、髪を洗う時に髪が抜けやすいとか、手足が冷える、全身がだるい、皮膚が乾く、汗が出ないなどの居城がある場合には、ホルモンの異常という可能性もあります。髪はもともと抜けやすいですが、異常がある場合には、医師の診断を受けるということも必要です。また立ちくらみの時には、血圧の低下ですので、血圧の異常も疑う必要があります。

また入浴では鏡を見る習慣をつけると良いですが、体のバランスや、色つやなどや吹き出物などを観察できます。例えば血管が浮き出ているとか、赤い斑点が多く出ている場合には、肝臓の病気の可能性があるので、早めに医師の診断を受ける必要があります。また風呂場では体重計で体重を測るという習慣も非常に大切です。客観的に見られるからです。

その他日常生活では、夫婦の場合にはセックスでの違和感なども、相手や自分が感じやすいので、お互いの健康管理のためにも、異常があるとか、いつもと違う感覚だとかの場合には、注意が必要です。最近の話題の乳がんですが、男性が違和感を感じる場合もあります。しこりなどですが、夫婦の場合には確認できます。そのその他子宮筋腫などでも違和感を感じることができます。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017東洋医学と心の健康を考える.All rights reserved.