東洋医学と心の健康を考える

健康管理と酒の関係のサイン

健康管理では、食べ物や飲み物の関係の体のサインも見逃せません、酒は百薬の長という言葉まりますが、適度に飲む分には、体に良いという人もいます。しかし日本のビジネスパーソンの場合には、暴飲暴食ということで体に良くない場合もあります。例えば飲み屋があるとどうしても入ってしまうということでは、アルコール依存症ということもあります。本人は気がついていないことも多いので、断酒をしてみると、どのくらい依存しているかがわかります。

また家に帰りたくないような場合には心身症などの疑いもあります。感情的な相手への拒絶ということもありますが、神経症などの病気も疑われるということになります。アルコール中毒ということでは、例えば一口飲むと、急に元気が出るということだと、だいぶアルコール中毒に近づいているということにもなります。それは家庭でも起こります。

主婦が料理を作る時に、酒が入った料理を味見していて、それがそのままアルコール依存症になったという人もいます。そのようにアルコールは、依存性がありますので、よく注意をして利用するということが大切になります。酒に関しては、以前よりも酔いやすくなったということでは、肝臓が機能低下しているということもありますので、その点も注意点です。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017東洋医学と心の健康を考える.All rights reserved.