東洋医学と心の健康を考える

健康管理と仕事などでの病気のサイン

健康管理ということでは、特に仕事の場合に緊張をしたりストレスが溜ったりするので、健康の様子を知るのにも分かりやすいこともあります。例えば会議などでも緊張しますが、イライラする状態が酷い場合には、甲状腺などの病気の可能性もあります。そのほか発言などの時に、体が震えたり、同期が酷かったりする場合や冷や汗が出たりする場合には、神経症関係の病気を疑ってみるということも必要です。そのように仕事の場合での体へのサインも見逃せません。

その他に日常生活でも、朝起きた時に、咳や痰がでるような場合には、気管支炎などの可能性もあります。風邪かなと考えますが、そのような気管支炎などの関係の病気かもしれません。その関係では、常に痰が絡むようならば、甲状腺肥大などの可能性もありますし、咳の後に頭に血が上るような感覚になる場合には高血圧という場合もあります。

特に高血圧は、原因がわからずにいつの間にか血圧が高くなっていたということがありますから、注意が必要です。また歩いていると体がだるいとか、ふくらはぎが痛むとかの場合には動脈硬化での血行障害ということも考えられます。単に疲れているということもありますが、それが続くようならば、疲労ではない原因も考えてみる必要があります。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017東洋医学と心の健康を考える.All rights reserved.