東洋医学と心の健康を考える

健康管理と食事や運動でのサイン

健康管理では、食事や運動はつねに行いますので、その中で、体の異常をサインとして告げようとしている場合があります。食事に関しては、例えば食欲がないとかのどの通りが悪いとかにおいをかぐと吐き気がするとかなどです。臭いの場合でも女性の場合にはつわりなどの可能性もあります。のどに物が通りにくいなどでは、風邪でリンパ腺が腫れているということもありますが、食道の拡張症ということもありえます。二日酔いなどで、食欲がないということもあります。

そのように食べるということでも、どのような理由があるのかの基本的な知識があると、推測ができるので、病院に行って確認もしやすいということになります。最近のニュースでも乳がんになったタレントの女性が、早めの診断をしておけばよかったという話がありましたが、何かしらのサインがある場合には、早めに医師の診断を受けると安心ができます。

また運動などでは、特に年齢が高くなるに従いサインも分かりやすくなります。例えば階段を上ったりすると、息切れや動悸が長く感じる場合には、機能低下ということで、心臓や肺の検査をしておくと対策もしやすくなります。定期健診なども効果的です。また心臓ということでは、胸の痛みが長い時間続いてからおさまるということを繰り返す場合には狭心症の疑いがあります。そのように体のサインをよく理解しておくと健康管理の役に立ちます。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017東洋医学と心の健康を考える.All rights reserved.