東洋医学と心の健康を考える

健康管理とメンタル面でのストレスの緩和

健康管理ではメンタル面でのストレスの緩和の方法も、自分でできるようになっていることが必要になります。仕事では自分がしたくないっことでも、短くても8時間以上続けないといけなくなります。そうなるとやる気とか疲れとかも自分で管理する必要があります。それはそのまま健康管理に繋がります。例えば常に気が散る行動をしている同僚などを見ると、見ているだけでも精神的にイライラするというストレスを受けたりします。しかしその人を変えることは難しいです。

それで精神的な健康管理の方法ということでは、他の面から見てみるということも効果的なことがあります。実はそのことは自分の隠れた劣等感の裏返しだったりします。自分が超えられていない内容だったり、自分の利害を優先すると、その人が障害であったりする場合もあります。さまざまな場合がありますが、それをまず、精神的に生るすると、精神的な負担を軽減できます。

また自分の心が幼いという場合もあります。受け入れられないとか、カバーできないとか、いろいろありますが、ありのままを受け入れられない場合には、どこかで引っかかってしまい、必要のないストレスをため込むということもあります。そのようにメンタル面での健康管理では、それらの引っかかるところを、引っかからないように丸くするということが効果的です。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017東洋医学と心の健康を考える.All rights reserved.