東洋医学と心の健康を考える

健康管理と仕事などの人間関係

健康管理という場合に、日常生活が非常に重要になりますが、その日常生活が快適であれば、当然健康管理でも負担が少なくなるということになります。重荷がそれだけ減るのですから、精神的にも気分が良い時間が増えて、食欲も出てきますし、健康管理でもやる気が起きます。しかし仕事などや人間関係が悪い状況だと、健康にも影響が出てくるという予想は誰もができます。そうするとそれらの体験するたびにイライラしてしまい、ストレスを溜めるということを繰り返します。

そのように健康管理ということでは、不健康になる可能性がある外堀を埋めていくということから始めると、その後スムーズに進むということもあります。人によりますが、精神的なストレスが不健康の原因だったということは、今の社会では非常に理解しやすいということになります。その場合にはできるだけ柔軟に精神構造にしておくと凌ぎやすくなります。

先入観や固定観念が強いと、こうあるべきだという考えが強くなり、それが強いストレスになります。そのような場合ではできることとできないことを分けておくということも、ストレスを溜めない方法です。例えば変えられない過去に縛られたり、他人に縛られたりしないように、それらに執着しないように自分を変えていくとかです。健康管理の原点は感情ということになります。

Copyright (C)2017東洋医学と心の健康を考える.All rights reserved.