東洋医学と心の健康を考える

メンタル面での健康管理と弱点

メンタル面が心身両面の健康に影響があるということは、誰もが異議がない事実でしょうが、個々の場合になると、その内容もさまざまです。例えば何か頼まれても断ることができないという人がいます。仕事などでも残業を押し付けられる人が決まっていたりしますし、人の苦労まで背負い込んでいる人もいます。結局はそのほうが将来良い結果を得られるという場合もありますが、健康管理の面では、ストレスが溜まり体も悪くする可能性が高くなります。

そのような性格は健康管理の面から見たならばメンタル面での弱点であり、自分の体や疲れを配慮しながら、断ることもできないといけないということでもあります。そのほかにも少し怒られただけで、長い間引きずってしまうという人もいます。また依存心が強く、その依存した人に無視されるとたちまち体調を崩してしまうという人もいます。

そのような人たちを見ると自分も含めてですが、色々な人がいると関心もしてしまいます。しかし健康管理の面から見たら、バイアスがありすぎるということで、振り子が中間にあるのではなく、振り切れすぎている党いう状態でもあります。やはり適度ということがあるので、健康管理でも、その点から健康の整え方を始める必要があります。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017東洋医学と心の健康を考える.All rights reserved.