東洋医学と心の健康を考える

健康でい続ける為には努力が必要。

健康でありたいと願う気持ちはだれでも同じです。でも、怠惰な生活を送っていてもそれが可能になるのかどうかというと、そうではないです。ここは食事や運動といったことに注意していく必要性はでてきます。若い時は、どんな食事であっても、消費していく力が体にあります。ですが、ある一定の年齢になると、この食べたものを上手く消費出来なくなってきます。年齢とともに、見た目の体だけでなく、中身の臓器も年をとってきます。消化できるスピードや量といったものには限りがでてきます。そこで食べるものを注意していく必要が出てきます。

若い世代の時には、体から補ってくれる成分が多くありました。中年といわれる年代になってくると、それが体内から出にくくなってしまいます。若さを保つためのものが徐々に減ってきます。そうなると外から補っていく必要があります。そして、適度な運動も取り入れていく必要があります。この二つを年齢が上がるごとに見直していくのが上手に年を重ねていくこつになります。体の中に取り入れる物と、体からそれを出していくことを、もっと効率よくできる体にしていく必要があります。長く生きて、そして、元気でいられる為には、日々の生活で気を付けていくことが多いです。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017東洋医学と心の健康を考える.All rights reserved.